岩谷、中央研に純水素型燃料電池を導入 CO2排出量40%減、脱炭素加速

(2023/11/24 17:00)

岩谷産業は24日、中央研究所・岩谷水素技術研究所(兵庫県尼崎市)に、パナソニック製の純水素型燃料電池を導入したと発表した。出力5キロワットの設備を20台連結し、合計100キロワット発電する。同研究所での二酸化炭素(CO2)排出量を、2019年度比で約40%削減できる。今後は太陽光パネルの増設なども進めることで、最短で27年度にも同比100%削減を目指す。

  • 中央研究所・岩谷水素技術研究所に導入したパナソニック製純水素型燃料電池

液化水素貯槽から水素を供給し、純水素型燃料電池で発電する。同燃料電池と液化水素を組み合わせた活用は、パナソニックの草津工場(滋賀県草津市)に次いで国内2例目という。

同研究所では、太陽光パネルの設置や照明の発光ダイオード(LED)化などにより、CO2排出量の削減を進めてきた。さらに太陽光パネルを現在の16キロワットから100キロワットに増設するほか、液化水素を気化する際の冷熱の回収や、グリーン液化石油ガス(LPG)の実用化などを進め、排出削減量の拡大を目指す。

同研究所長の小池国彦執行役員は「液化水素と燃料電池を組み合わせた発電システムのスキームを展開し、液化水素の事業を発展させたい」と説明した。

(2023/11/24 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン