万博会場の象徴「リング」建築状況公開 世界最大級の木造建築完成へ

(2023/11/27 17:00)

日本国際博覧会協会は27日、2025年大阪・関西万博開催地の夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)で、会場のシンボルとなる大屋根(リング)の建築状況の見学会を報道陣向けに開いた。柱と梁を接合する様子などを公開し、木材を使う魅力などを説明した(写真)。工事は工区を分担して進め、リング全体がつながるのは2024年秋の見通しだ。

リングは、会場の中心部を取り囲むように設置される。北東工区は大林組、南東工区は清水建設、西工区は竹中工務店が中心に建設を担当する。報道陣に公開された北東工区では、柱と梁の接合方法として、日本の伝統建築でも使われる「貫接合」を採用。屋根にはCLT(直交集成板)を使う。リングの下は会場内移動の空間となるため、多くの人の目に触れることになる。

会場建設費が上振れ、リングだけでも350億円とされる。批判の声も上がる中、大林組の担当者は「完成したものを見れば、それも吹き飛ぶかと思う」と説明した。

リングは周長2キロメール、内径約615メートル。完成すれば世界最大級の木造建築となる。

(2023/11/27 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン