7―9月期の法人企業統計、経常益20%増23兆円 最大更新

(2023/12/1 17:00)

非製造業が大幅プラス

財務省が1日発表した7―9月期の法人企業統計調査によると、金融業、保険業を除く全産業の経常利益は前年同期比20・1%増の23兆7975億円と、7―9月期としては過去最大を更新した。増益は3四半期連続。経済活動がコロナ禍から脱して平時に向かう中、人流の回復で非製造業が大幅な増益となった。一方、製造業は海外経済の減速で需要が落ち込み、減益だった。

経常利益は製造業が前年同期比0・9%減の9兆5462億円と、2四半期ぶりの減益となった。パソコンやスマートフォン向けの需要の減少で情報通信機械が同60・7%減だった。海外需要の減少や前年の配当収入の反動減などで業務用機械も同41・3%減となった。

非製造業は同40・0%増の14兆2513億円で、11四半期連続の増益だった。燃料価格の下落で電気業が黒字に転じたほか、新規出店や客数の回復などで卸売業、小売業が同17・1%増となった。

設備投資(ソフトウエアを含む)は同3・4%増の12兆4079億円と、10四半期連続で増加した。製造業が同5・5%増の4兆4749億円と、10四半期連続で増加した。生産体制強化のための投資で輸送用機械が同16・8%増となった。非製造業は同2・2%増の7兆9330億円と、5四半期連続の増加となった。物品賃貸業が同39・2%増。サービス業も同12・0%増と伸びた。

売上高は同5・0%増の367兆7350億円となり、10四半期連続の増収だった。製造業が同3・5%増の111兆5050億円と、10四半期連続の増収となった。供給制約の緩和による増産で輸送用機械が同17・2%増となった。非製造業は同5・6%増の256兆2300億円と、10四半期連続の増収だった。

財務省は調査結果について「景気は緩やかに回復している状況を反映したものと考えているが、海外景気の下振れや物価上昇の影響などを今後とも注視していく」としている。

(2023/12/1 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン