アナログ対応ロボで遠隔設備点検 国交省、開発状況を公開

(2023/12/12 17:00)

  • ロボットが手でレバースイッチを操作する

国土交通省は12日、遠隔地にある設備の自動点検や障害時に遠隔操作可能なロボットの開発状況を公開した。容易に現地に行けない山間部や離島の設備向けに開発しているロボットで目と手があり、レバースイッチや押しボタンの操作ができる。平時は決められたルート・手順で点検し、有事にはロボットから送信される映像を見ながら管理事務所でスイッチ操作が可能。2023年度から検証しており、早期の実用化を目指す。

国交省は無線中継所や気象観測施設など全国で数百カ所の施設を管理している。大半は遠隔操作できない古い設備のため、操作するためには現地に行く必要があり、中には往復6時間かかる施設もある。このため災害時の迅速な対応や平時の作業者の負担軽減、人手不足対応なども視野に入れる。設備故障時もまずロボットが必要な交換部品を確認することで、技術者が現場に行く回数を2回から1回にできる。

担当する電気通信室の上原光太郎企画専門官は「最新設備に更新するまでの過渡期対策としてアナログでスイッチ操作できるロボットが必要」と述べた。

(2023/12/12 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン