STOCK POINT、ポイントで消費者と企業つなぐ

(2024/3/14 12:00)

  • アプリを使って運用するポイントが、特定企業の株価の値動きに合わせて増減する

STOCK POINT(ストックポイント、東京都港区、土屋清美社長)は、特定企業の株式を連動させたポイント運用サービスで協業先を広げている。提供するのはスマートフォンのアプリケーションを使ったサービス「ココカブ」。商品やサービスを購入して得たポイントが、その企業の株価に合わせて増減する仕組みだ。

ストックポイントが開発した仕組み「株価連動型ポイント」は、2017年に日本と米国で特許を取得。企業を応援したい個人向けに、自己資金ゼロから投資の疑似体験の機会を提供している。消費者を企業とつなぎ、投資体験を通じて企業を支えるファン作りを目指している。

ココカブは消費行動が自然に投資へとつながる「いつの間にか株主」をキーワードに掲げ、同社が22年11月に提供を始めた。企業が運用するハウスポイントのほか、共通ポイントや株式にも交換が可能。協業先の要望に応じて運用方法を設定し、顧客層拡大や従業員へのインセンティブ、個人投資家の育成など幅広く活用できるのが特徴だ。

ココカブはコンタクトレンズ大手メニコンが最初に導入した。消費者は商品購入により同社の株価に連動したポイントがもらえ、実際の株式とも交換できる。

3月には楽天グループが自社の株価と連動した「ポイント楽天株」の本格提供を始めた。ストックポイントの仕組みを活用し、楽天ポイントの会員向けに専用ページから自社の株式への投資体験ができるサービスを展開している。

ストックポイントは複数のポイント運用サービスを通じて、消費者が日常的に使用する製品やサービスを提供する企業と関係を深めていくことを見込んでいる。投資の裾野拡大を背景に、「ポイント活用の選択肢をさらに広げ、多くの人に資産運用を考えるきっかけを提供したい」(同社)としている。今後も協業を強化し、株価連動型ポイントを活用した新たなサービスの創出に乗り出す考えだ。

(2024/3/14 12:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン