日産、ホンダと協業検討 部品共通化などでEVの競争力強化

(2024/3/14 17:00)

日産自動車がホンダとの協業を検討していることが分かった。電気自動車(EV)の基幹部品であるイーアクスルの共通化や共同調達、車台の共同開発などを模索していると見られる。EVは中国の比亜迪(BYD)などが台頭し、価格競争が激しくなっている。部品の共通化や設計・開発の協力で経営資源の効率化を図れれば、コスト競争力の強化が見込める。ただ、協業の検討は初期段階にあるとされ、実現が見通しにくい部分もある。

日本車メーカーはハイブリッド車(HV)で先行するが、EVでは商品投入などで出遅れ、国内市場もEVの販売比率は2%程度にとどまる。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向け、EV市場は中長期に拡大していくと考えられるが、販売台数が増えるまでの開発や量産の捻出が各社の課題となる。EV車両コストの3割程度を占める電池でも中国勢が強く、日本車メーカーのEVの競争力を高めるには調達コストの低減が不可欠。EVを含む電動車を軸に各社の協業が広がる可能性はある。一方、日産やホンダのような大手同士の協業では、企業文化の違いが壁となる場合も多く、実現の可能性が見通せない部分も多い。

(2024/3/14 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン