産機受注、2月1.9%増 北米・アジア好調で3カ月連続プラス

(2024/4/16 17:00)

日本産業機械工業会(産機工)が16日発表した2月の産業機械受注高は、前年同月比1・9%増の4075億4900万円となり、3カ月連続で前年同月を上回った。内需はポンプなど官公需向けが振るわず、同1・2%減の2840億9400万円と6カ月ぶりに減少。外需は北米やアジアの好調が継続し、同9・6%増の1234億5500万円と3カ月連続で増えた。

産機工は内需について「前年同月の公共工事の季節要因、反動があるのではないか」(事務局)と分析。外需は「アジア、北米では電力向けのボイラ・原動機、鉄の需要増を背景とした製鉄機械が好調だった」(同)と捉える。

内需は製造業向けが同4・0%増の871億7200万円で、4カ月連続の増加。半導体関係など情報通信向けの圧縮機、運搬機械が好調だった。17業種中、増加となったのは9業種だった。非製造業向けは同11・0%増の638億9600万円。電力向けボイラ・原動機、ガス業向けに化学機械が好調だった。

外需と関連性の高い主要約70社の輸出契約高は、同12・2%増の1131億7200万円だった。8地域中、増加となったのは3地域。アジアは同54・3%増の832億3200万円で3カ月連続の増加。アジアに含まれる中国が運搬機械や半導体製造向け機械、金属加工機を中心に3カ月連続で増加した。アジアの中国以外も好調だった。

北米は10機種中9機種が前年同月を上回り、特に金属加工機械が同約13・5倍と大幅に伸び、合計では同2・1倍の116億1500万円となった。中東は発電関係のボイラ・原動機が堅調に推移し、同27・4%増の105億4500万円。北米、中東の両地域とも3カ月連続の増加。欧州は設備投資が反転せず同22・2%減の48億2400万円で、5カ月連続で減少した。

内外需の機種別は、内需は増加が5、減少が7。外需は増加が7、減少が5。

(2024/4/16 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン