[ オピニオン ]

産業春秋/G20の役割

(2016/9/6 05:00)

2008年11月、リーマン・ショックに端を発した世界金融危機を克服するべく、米ワシントンで主要20カ国(G20)の首脳らによる初の「金融サミット」が開かれた。会議では今後も参加各国が輪番で会合を持つことで合意した。

それまで世界のリーダーだった主要8カ国(G8)は、影響力の限界を自覚していた。当時、いずれG8会合は開かれなくなるのか―と尋ねると、財務省高官は首をかしげた。

「なんでも多い方がいいわけではない。実のある議論をしようと思ったら8カ国でも多すぎる。本当は昔みたいに5カ国ぐらいがいい」―。そう話した高官は続けて「さて20カ国の代表は、会議で何分間、発言できるのでしょうね?」とつぶやいた。

G8はその後ロシアが抜けてG7になったが、G20と平行して開催が続いており、いまや「自由主義経済連合」の趣がある。一方のG20は参加国の意見交換より、中国やロシアなどG7以外の有力国と米国の対決ばかりが注目される。

それでも主要国トップが一堂に会し、議論する場があることはいいことだ。今年のG20サミットは中国・杭州で開かれ、5日に閉幕した。今後もG7と役割を分けつつ、世界経済の安定に寄与してもらいたい。

(2016/9/6 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン