[ 化学・金属・繊維 ]

正興電など、塩分濃度差利用した水素製造システムを福岡市で実証調査

(2016/12/13 05:00)

【福岡】正興電機製作所と山口大学などは、下水処理水と海水の塩分濃度差を利用した水素製造システム(写真)の実証調査を福岡市内で始めた。同社の水処理制御技術を生かし、水素ステーションなどへの水素供給技術を確立することが狙い。実証調査の期間は、2017年3月までを予定する。

正興電機製作所などが取り組む今回のシステムは、海水から食塩などを製造する電気透析の技術を応用する。下水処理水はろ過装置、海水はカートリッジフィルターで処理。濃度を調整して「逆電気透析(RED)水素製造装置」に流し込み、電圧をかけることでナトリウムイオン、塩素イオンが反応してイオン交換膜を透過し、水素や酸素を発生する。

福岡市内の実験施設では、システムの安定運用に向けて水素の発生量や純度などの性能について検証する。

調査は国土交通省の国土技術政策総合研究所委託研究として実施する。

福岡市は濃縮海水を市内の海水淡水化施設から、下水処理水を下水処理場から提供する。

(2016/12/13 05:00)

関連リンク

建設・エネルギー・生活2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン