[ 自動車・輸送機 ]

三井造、持ち株会社制前倒し 来年1月に組織改編 給与体系も見直し

(2017/8/29 05:00)

三井造船は純粋持ち株会社制への移行に伴う組織改編を3カ月前倒す方針を固めた。2018年1月1日付で事業本部制度を解消し、実質的に3事業会社による独立採算経営を始動する。取締役会で近く正式決定する。産業用プラントなどを担うエンジニアリング会社は業績変動を強く反映する給与体系の採用も検討する。計画を前倒して過去最大の組織改編に踏み切り、4月1日の完全移行後の事業展開に弾みを付ける。

新体制は現在の事業ポートフォリオを継承し、持ち株会社「三井E&Sホールディングス」の傘下に「船舶・艦艇」「機械・システム」「エンジニアリング」を担う3事業会社を置く。事業会社には「造船」の名称を残す方針。グループ会社の三井海洋開発や加地テックは上場を維持し、事業会社と並列の位置付けとなる。

1月1日付で組織体系を変えるのは船舶などの3事業部門。登記などの手続きや会計システムの移行は4月1日付とする。

移行...

(残り:293文字/本文:693文字)

(2017/8/29 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン