[ トピックス ]

【電子版】大阪北部地震/複数の活断層が関連した可能性、地震調査委

(2018/6/18 21:30)

  • 会見する地震調査委員会の平田直委員長(中央)ら

 大阪府北部で18日朝発生した地震について、政府の地震調査委員会(平田直委員長=東京大学地震研究所教授)は同日、「地殻内で発生した地震で、震源近くの有馬-高槻断層帯のほか、周辺の複数の活断層に関連した活動の可能性がある」との評価をまとめた。

 同地震は地震の規模を示すマグニチュード(M)が6・1、最大震度は6弱。震源付近には、東西方向に延びる有馬-高槻断層帯のほか、南北方向に延びる生駒断層帯、上町断層帯などの活断層が存在する。断層は地下では傾斜し、地表より断層同士が近付いていることがあるため、現時点ではどの活断層によるものかは断定できないという。

 M6・1の地震について、東西に圧縮されたことによるものとしたが、発震のメカニズムが横ずれ断層型か逆断層型かは明確でない。その後の余震は、両型が混在していた。

 東京・霞が関の文部科学省で同日夜記者会見した平田委員長は「M6規模の地震は、日本では月平均1回程度起きている。こうした地震が内陸の都市直下で起きると、被害が大きく出ることがあらためて示された」として、耐震化などの対策の徹底を呼びかけた。

 都市部に多い、堆積層が厚い地域などは、山地より揺れが増幅することがあり、強い揺れに見舞われることがある。今回の震源域の南側にある大阪平野は「揺れやすい場所の一つ」とした。

(2018/6/18 21:30)

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン