[ オピニオン ]

社説/大阪がIR誘致を本格化 新たな産業振興の道開く契機に

(2018/8/31 05:00)

企業がカジノを運営できるようにする統合型リゾート(IR)実施法が成立し、候補地に名乗りを上げている大阪の動きが活発化してきた。経済界や大阪市とともに誘致に力を入れる大阪府はIR実施法成立を受け、7月25日までにIR事業者に対する指針を改定。より厳格化した。大阪は官民が協力し、中小企業やベンチャー育成に力を注ぐ。IR誘致を観光需要の拡大にとどめず、新たな産業振興の道を開く契機にしてほしい。

府の試算によると、IRは2030年までの開発を想定し、経済効果は最大1兆3300億円。事業運営は年間6300億円の経済効果を見込む。

IR実施法は、IRを誘致できるのは全国に3カ所と定める。名乗りを上げているのは大阪のほか北海道、東京、横浜、長崎といった名だたる都市や観光地。大手調査機関によると、IR3カ所の開発に関わる経済効果は最大5兆円超。大阪は全体の3割弱の効果が期待できる。

事業のノウハウを持つのは海外のIR事業者。大阪への誘致実現が有望と見て、地域活動へ参加したり報道陣と懇談したりするなど、存在感を示そうと攻勢を仕掛ける。ただIR事業者は、府と市が交通インフラ整備費の一部負担を求めているなど、課題もある。

参入を目指すIR大手、米ラスベガス・サンズ開発担当のジョージ・タナシェヴィッチ氏はインフラ整備費負担を「IRに影響し魅力が下がる」とけん制する。とはいえ大阪は訪日外国人旅行者が多く、IR事業者にとって魅力的な地域。

松井一郎大阪府知事は、府が想定する24年に開業するため「19年の今頃(夏)に事業者を決めたい」考え。IRは人、モノ、資金が動くだけに観光需要の拡大だけでなく、大阪が支援に力を入れるベンチャーを含め新産業を育成する契機になるとの声は少なくない。

ギャンブル依存症が増えるとの懸念に対し、政府を中心にしっかりと対応が必要だ。その上で大阪誘致を実現し、新たな経済や企業の成長モデルを示してもらいたい。

(2018/8/31 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる