[ オピニオン ]

産業春秋/街のシンボル

(2019/7/10 05:00)

名古屋城天守の木造復元は、名古屋市が目指す2022年末の完成が難しくなった。現在のコンクリート製天守の解体許可が文化庁から得られていないためだ。

名古屋城は城郭の国宝第1号。1945年の空襲で天守などが焼失、59年にコンクリート製を再建した。総工費6億4000万円のうち2億円は寄付。市民が支えた再建だ。

河村たかし名古屋市長は2009年の市長初当選後、木造復元への関心を表明した。名古屋市は全国の主要都市の中で観光地人気が最も低い。起爆剤を望む気持ちは理解できる。

一方、早急な推進に戸惑う声もある。「築城以来の石垣にこそ歴史的価値があり十分に調査・保全すべきだ」と有識者。「天守はエレベーターを設置しバリアフリー化を」と障がい者団体らは主張する。ただ一般市民の関心は薄くないか。総工費は500億円以上だが寄付金は3億4000万円に留まる。

名古屋城と比べ印象的なのが4月に火災にあったフランス・パリのノートルダム大聖堂だ。政府が新デザインの募集を表明し論争が起きた。100億円単位の高額寄付の申し出にさえ異論が出た。街のシンボルについて多くの人が考え、議論が起こる。観光先進国に学ぶことはないだろうか。

(2019/7/10 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる