[ 政治・経済 ]

【電子版】トランプ米大統領、仏デジタル課税への制裁表明 近く対抗策

(2019/7/28 05:00)

  • トランプ米大統領(7月24日、ワシントンD.C.=ブルームバーグ)

【ワシントン=パリ時事】トランプ米大統領は26日、米グーグルなど巨大IT企業を対象にフランスが導入したデジタル課税について「近く重大な対抗策を公表する」と警告した。仏製品への追加関税を含む制裁措置を検討しているが、ホワイトハウスは声明で「他の全ての手段も検討している」と明らかにした。新たな貿易摩擦に発展することが懸念される。

 フランスは26日までに、IT大手を対象としたデジタルサービス税法を官報に掲載し公布した。

 トランプ氏はツイッターで「(IT企業に)課税するのは本拠地を置く国である米国だ」と強調。フランスが独自に決めたデジタル課税は「マクロン(仏大統領)の愚かな行為」と切り捨て、「米国産ワインは仏産ワインより優れている!」とワインを対象にした制裁を示唆した。 

 グーグルやアップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムなど米国に多いIT大手は、国境を越えて事業展開する一方、各国で適切に課税できないことが問題になっている。経済協力開発機構(OECD)が2020年の国際課税ルールの取りまとめを目指している。

 フランスで今月開かれた先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、20年までに解決策を採択する方針が支持された。ホワイトハウスはフランスの先行課税について、国際ルールを策定する上での「義務の欠如」だとして批判した。

 フランスは、世界の売上高が年間7億5000万ユーロ(約910億円)以上で、仏国内の売上高が同2500万ユーロ(約30億円)以上の企業を対象に、国内でのデジタルサービス収入に対し3%を課税する。19年1月1日にさかのぼって適用する。

(2019/7/28 05:00)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる