産業春秋/春の錦

(2021/3/16 05:00)

「見わたせば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける」―。秋の紅葉ではなく、若葉の緑とサクラのピンクが織りなす景色を錦に見立てた古今和歌集の一首である。三十六歌仙でもある作者の素性(そせい)法師は、高台か堂宇の上から京の町を見下ろしたろう。

落語家の名跡である春錦亭柳桜は、この名歌の“本歌取り”だ。亡き先代は「春風亭」で名乗ったが、もともと江戸期から続く風雅な名。今は空き名跡になっている。

落語には春の演目が多い。それも『長屋の花見』『花見のあだ討ち』『頭山/さくらんぼ』『百年目』など滑稽噺(ばなし)の名作がズラリ。素性法師の和歌と同様、浮き立つような気分が背景にある。

同じ春でも、漢詩では“愁い”の色合いが濃い。詩聖・杜甫は『春望』で「国破れて山河在り/城春にして草木深し」と詠じる。陽気でウキウキする春は、サクラを愛する日本文化の発露なのだろう。

コロナ禍で迎えた2度目の花見シーズン。1都3県の緊急事態宣言は継続中だが、街頭の人出はなかなか減らない。落語『花見酒』に登場する兄弟分よろしく、杯を回しのみしてクラスターが発生したら一大事。「春の錦」は混雑を避け、遠くから見渡すことにとどめたい。

(2021/3/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる