産業春秋/鰻の味

(2021/7/28 05:00)

作家、向田邦子さんにとって鰻(うなぎ)のかば焼きは、しょっぱい涙の味がした。小学校3年生の時、肺門リンパ腺炎を患う。母に連れられ、よく病院近くの小さな鰻屋へ行った。

母は鰻丼を一人前注文する。(中略)鰻は母も大好物だが、「お母さんはおなかの具合がよくないから」「油ものは欲しくないから」口実はその日によっていろいろだったが、つまりは、それだけのゆとりがなかったのだろう(短編『ごはん』)。

きょうは土用の丑(うし)の日。養鰻業界の関係者によると、スーパーなどで販売されるかば焼きの価格は、昨年より若干値下がりしそう。養殖に用いる稚魚シラスウナギの採捕量は、2019年に落ち込んだが、20年から「比較的順調」という。

室町時代は夏の土用になると疫病にかからないようアズキやニンニクを水でのむ風習があったらしい。丑の日と鰻が結びつくのは江戸中期。発明家の平賀源内が鰻屋のために宣伝文を書いたとの説は、案外真実に近いのかもしれない。

業界関係者は“巣ごもり需要”の盛り上がりに期待をかける。自宅でオリンピックをテレビ観戦しながら、ハレの日のように鰻にかぶりつく。子どもたちには、どんな記憶を紡ぐ夏になるだろう。

(2021/7/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる