産業春秋/中小の流行語は「耐性」?

(2022/4/15 05:00)

半世紀ぶりの低水準だった2021年度の倒産件数が、22年度に反動で大きく増加に転じないか心配だ。帝国データバンクの調査をみると、気になる二つの動きがあった。

一つは燃料高騰を理由に、電力の小売り事業会社「新電力」の倒産が増えていること。21年度は31社が事業撤退し、14社が倒産した。前年度の倒産2社から大幅に増えた。22年度は新電力をはじめ、体力で劣る中小・小規模事業者などに“インフレ倒産”が広がる可能性を拭えない。

燃料費の高騰に円安の進行、ロシアによるウクライナ侵略など物価上昇圧力に沈静化の兆しはない。岸田文雄政権が月末にまとめる緊急経済対策がどこまで奏功するかも予断を許さない。

二つ目の懸念は「コロナ融資後倒産」の増加。21年度は前年度比約5倍の206件を数えた。コロナ関連融資を実施したものの「先行きの見通しがつかない」「追加融資を受けられない」ための倒産が増加した。この傾向が22年度に強まりかねない。

中小企業は過剰債務を抱え、実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の返済も本格化する。コロナ禍“第7波”も気がかりだ。中小企業に対して「耐性」が流行語のように使われる気配を感じる。

(2022/4/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン