SIer最前線/ゼアーレボ 積載協働ロボ提案

(2023/7/25 05:00)

  • 展示施設「未来ファクトリー」はガラス張りで外からも動くロボットが見える

「ロボットをより身近な存在に感じてもらい、省人化・省力化につなげられたら」と話すのは、ゼアーレボ(東京都港区)の黒土浩太郎社長。主に協働ロボットを使った段ボール箱のパレタイジング(積載)システム「TRP―25」を三品(食品・医薬品・化粧品)業界向けに販売している。

同社はロボットを使った自動化、省人化システムの構築と提案をするスタートアップとして2021年に起業。ダイドー(名古屋市中村区)やファナック、デンソーウェーブ(愛知県阿久比町)、フジキカイ(同北名古屋市)などパートナー企業のロボットを中心に取り扱う。

「TRP―25」はファナック製の協働ロボットに独シュマルツ製の吸着ハンド、独ジック製の安全レーザースキャナーを組み合わせた。パレットからライン、ラインからパレットへ最大一つ20キログラムの段ボール箱を積載する。生産ライン以外の資材の運搬や積み荷の上げ下ろしなど、きつい重量作業をロボットが担う。結果、より人手を必要とする生産ラインに人員を割くという、省人化・省力化・効率化の実現を目標とし「生産ライン以外の工程」へのロボット導入を進める。

ゼアーレボの強みはロボットの販売だけでなく、一貫したコンサルティングができる点だ。導入の資金調達方法の提案から、ロボットの先端部分を取り換えて別の作業に使う「転用」の提案まで行える。また、前職の経験もあり黒土社長をはじめ社員が「生産現場の課題を分かっている」ため、自分たちでさまざまな技術を組み合わせ、顧客の要望を具現化したロボットの提供が可能。競合他社との争いも「このコンサルティング能力があれば淘汰(とうた)されない」(黒土社長)と自信をのぞかせる。

同社は6月、本社ビル1階に同協働ロボットの展示施設「未来ファクトリー」を開設。さらに「ものづくり補助金」の活用とロボット導入をセットにした、新たな提案も考えている。「パートナー企業と連携しつつ、案件と向き合った」(同)提案に力を入れる。

【企業概要】▽所在地=東京都港区虎ノ門1の16の16▽資本金=1000万円▽売上高=8000万円(22年3月期)▽従業員=6人▽設立=21年(令3)4月

(2023/7/25 05:00)

モノづくりのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン