社説/スマホ新法 事前規制でアプリ市場活性化を

(2024/4/24 05:00)

政府は、巨大IT企業の市場支配を規制する新法を月内にも今通常国会に提出する。スマートフォンの基本ソフト(OS)事業者を対象に、自由で公正な競争を阻害する行為を禁じ、違反すれば課徴金を課す。違反行為を事後的に取り締まる独占禁止法に対し、新法はあらかじめ禁止行為を示す「事前規制」となる。アプリ事業者の手数料引き下げなどが期待され、実効性のある運用が求められる。

スマホのOSやアプリストアは、米アップルと米グーグルの2強による寡占状態にある。アプリ事業者は両社が定めたルールによって配信・決済方法の制約を受け、高額の手数料も指摘される。新規参入の妨げにもなっている。これらを是正し、スマホ利用者のアプリや決済手段の選択肢を広げていきたい。

新法「スマホ特定ソフトウエア競争促進法」は、スマホOSを対象に、アプリストアや決済システムの独占を禁じ、アプリ事業者が利用条件などで不当な差別を受けないようにする。違反が認められれば、日本国内での売り上げの20%分が課徴金となる。毎年、新法を順守しているかの報告も求められており、新法の実効性に期待したい。

新法は、欧州連合(EU)が3月から本格運用を始めた「デジタル市場法(DMA)」を参考にした。DMAは、IT業界の変化の早さに対応した事前規制で、巨大IT企業が自社サイトで自社サービスを優先的に表示したり、アプリストアで自社の決済システムを勧めることなどを禁止する。すでに米アップルなど3社が同法違反の疑いで調査を受けている。日本の新法はDMAに倣っているだけに、同法の効果を注視したい。

公正取引委員会は22日、米グーグルに対し独占禁止法に基づく行政処分を行った。LINEヤフーによる広告配信が過去およそ7年間、一部制限されていた。LINEヤフーはグーグルから検索や広告配信の技術供与を受けており、グーグルは優越的な地位にあった。グーグルへの行政処分は初めてで、新法の事前規制と同時に、事後の取り締まりも強化してもらいたい。

(2024/4/24 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン