自動車・輸送機 ニュース

(2019/7/5 05:00)

ホンダ、次期燃料電池車の投入延期 まずEV集中

ホンダは燃料電池車(FCV)の次期モデルについて、2020年をめどとしていた市場投入を2―3年延期する。水素充填のインフラ整備が不十分なことなどから、20年時点での本格普及は難しいと判断した。自動運転など開発領域が拡大する中、排ガスを出さないゼロエミッション車では、まず電気自動車...

ニュース拡大鏡/海外勢、EV日本投入 大衆車―高級車、高い実用性訴求

海外自動車メーカーが国内市場に相次いで電気自動車(EV)を投入する。独ダイムラーの高級ブランド「メルセデス・ベンツ」は国内初のEV「EQC」の予約受注を7月に始...

続きを読む

マツダ、ブランド力強化 都内の旗艦販売店拡充

マツダは国内でブランド力を上げる取り組みを強化する。セダン「アテンザ」の車名を「マツダ6」とするなど車名に社名を採用するほか、都内の系列販売会社の本社を刷新しイ...

続きを読む

完成車メーカー生産担当役員に聞く(2)いすゞ自動車取締役専務執行役員・伊藤正敏氏

■駆動系ラインにIoT導入  ―エンジンを生産する栃木工場でIoT(モノのインターネット)を導入しています。 「2018年3月に稼働した第3工場は、機械の稼...

続きを読む

マツダ、アテンザを「マツダ6」に刷新

マツダは、セダン「アテンザ」を一部改良し車名を「マツダ6」として8月1日に発売する。排気量2500ccの4気筒直噴ガソリンターボエンジン「スカイアクティブ―G2...

続きを読む

輸入車、10年ぶり減 19年上期

日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた2019年上期(1―6月)の外国メーカー車の輸入車登録台数は前年同期比1・8%減の14万9010台となり、10年ぶりに前...

続きを読む

新車販売、「N―BOX」3年連続首位 19年上期

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽協)が4日発表した2019年上期(1―6月)の車名別新車販売によると、ホンダの軽自動車「N―BO...

続きを読む

自動車・輸送機ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる