建設・住宅・生活 ニュース

(2019/8/1 05:00)

ボックス柱をロボット溶接 大成建、来年度にも現場適用

大成建設は柱鉄骨のロボット溶接自動化工法「T―iROBOウエルディング」で、あらゆる柱形状の溶接を実現した。従来は角部の溶接が難しかったボックス柱(溶接組立の箱型断面柱)に適用した。併せてコラム柱(角形鋼管柱)の施工方法を効率化し、適用範囲を拡大した。専門工事業者と協力し、202...

発破の「余掘り」4割低減 清水建設とサンドビック、トンネル工事用に開発

清水建設とサンドビック(横浜市港北区)は山岳トンネルの発破で生じる余分な掘削「余掘り」を低減するシステム「ブラストマスタ」を共同開発した。発破後の余掘り量の把握...

続きを読む

野村不、小型オフィス開業 第1弾は日本橋室町

野村不動産は従業員10人未満の小規模ビジネスやフリーランスに向け、小型オフィスブランド「H1O(エイチワンオー)」を立ち上げた。新築だけでなく、同社が手がける中...

続きを読む

パスコ、森林高精度判定 最新航空レーザー計測器導入

パスコは31日、最新の航空機搭載型レーザー計測器を導入し、8月から森林関連の計測事業に運用すると発表した。従来比4倍の高密度で3次元(3D)座標情報を計測できる...

続きを読む

旭トステム外装、インクジェット塗装品を刷新

旭トステム外装(東京都江東区、阪本浩一社長、03・5638・5111)は1日、金属外装材「Danサイディング」でスチール深絞りシリーズのインクジェット塗装品をリ...

続きを読む

大林組、熱中症対策の暑さ指数測定器 学校向けに機能追加

大林組は31日、作業現場のWBGT(暑さ指数)を連続測定し、情報を一元管理する電子式測定器「暑さ指数ウォッチャー=写真」に学校やスポーツ施設でも利用できる機能を...

続きを読む

LIXILグループの4―6月期、増収増益 水回り・建材改善

LIXILグループが31日発表した2019年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、新設住宅着工戸数の増加を受けて国内の水回りと建材事業が改善し、増収増益だった。...

続きを読む

建設・住宅・生活ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる