電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

352件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

国際通貨基金(IMF)は、中国政府による不動産開発企業の再編が遅れると2024年と25年の実質成長率が3%台に低下すると予測する。... 習近平政権が3月の全国人民代表大会&#...

米国の23年10―12月期の実質成長率(年率換算)はプラス3・3%と、高金利下でも堅調な成長が続いたためだ。 ... ただ経済成長と賃金上昇はインフレを再加速...

政府は25年度に国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化を目指すが、1・3%の実質成長率を実現しても1・1兆円の赤字になるなど財政事情は深刻だ。... 2...

(編集委員・神崎明子) 政府の経済見通しによると、24年度の日本経済は1・3%程度の実質成長率を実現し、所得増加率が物価上昇率を上回る。....

政府は2024年度の実質成長率を1・3%のプラスと見込む。

2024年度の日本経済は、実質成長率1・3%程度を確保し、所得増加率が物価上昇率を上回る。... 実質成長率1・3%についても、政府の総合経済対策により個人消費と設備投資の内需が主導す...

米国の7―9月期の実質成長率はプラス5・2%(年率換算)と好調で、11月の雇用統計も非農業部門の就業者数が19・9万人増と、前月の15万人増を大きく上回った。... 他方、ユー...

7―9月期の実質成長率は年率4・9%と大幅に伸び、政策金利の誘導目標が5・25―5・5%の高水準にあって個人消費が前期比4・0%増と力強い。

国際通貨基金(IMF)は24年の世界の実質成長率が2・9%に停滞すると予測する。

内需主導の成長につながると期待したい。 ... 4―6月期の需給ギャップはプラスながら、7―9月期の実質成長率はマイナスとの予測もある。... 衆院解散・総選挙を見据えた野放図な歳出...

米国の8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で3・7%上昇し、2カ月連続で前月の上昇率を上回った。... ECBは14日、政策金利を0・25%引き上げ、23年の実質...

7月の小売売上高は前年同月比2・5%増と前月の伸び率3・1%増を下回った。... 習政権は2023年の中国の実質成長率について、コロナ禍からの反動により、大規模な景気対策なしでも目標の...

内閣府の試算では、名目・実質成長率がともに現実的な0%台半ばで推移すれば、国・地方の基礎的財政収支は32年度になっても赤字のままだ。

国際通貨基金(IMF)は、2023年と24年の世界の実質成長率をともに3・0%と見通す。... 23年の世界の実質成長率は前回4月の予測から0・2ポイント上方修正した。... ...

政府は2023年度の国内総生産(GDP)について、物価変動の影響を除いた実質成長率を1・3%に下方修正する一方、名目成長率を4・4%に上方修正した。1月に公表した成長率...

国際通貨基金(IMF)は2023年の米国の実質成長率を1・7%(4月時点の予測は1・6%)に上方修正し、堅調な経済を背景に利上げによるインフレ抑制の必要...

ロシアの23年の実質成長率はプラス0・7%が見込まれる。

2023年の世界の実質成長率は2・8%と、22年の3・4%から鈍化する。先進国に限れば1・3%の低成長を余儀なくされる。金融不安の行方次第では先進国の成長率は1%を下回...

国際通貨基金(IMF)によると、ロシアの23年の実質成長率はプラス0・7%と、22年のマイナス2・1%から大きく回復する。

2月は政府の総合経済対策で2月請求の電気料金が2割程度下がるため、物価上昇率は3%台が想定される。 ... 習近平政権は全国人民代表大会(全人代)で、2023...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン