電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,353件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

JR西が440億円ファンド グループ外物件に投資 (2023/10/5 生活インフラ・医療・くらし)

脱炭素につながる物件でESG(環境・社会・企業統治)投資の機会提供も図る。

芙蓉総合リースは環境・社会・企業統治(ESG)ファイナンスを通じてリース事業を拡大し、社会課題の解決につなげる。

非化石証書の電力証書も扱い、将来は二国間クレジット制度(JCM)やESG(環境・社会・企業統治)商品も対象とする。

開幕に当たりCFO教育研究センターの伊藤邦雄センター長(TCFDコンソーシアム会長)が「サステナビリティー、環境・社会・企業統治(ESG)、非財務を担う経営人材の育成プ...

JICはPRIへの署名を通じて、ESG投資の知見を蓄積。... PRIはESG投資を推進するための国際的な枠組み。... 一方、欧米の機関投資家はESG投資を重要視している。

経営ひと言/神戸製鋼所・岡野康司執行役員「リケジョ増やす」 (2023/10/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

「ESG説明会」での1コマ。

三菱地所、高さ385m「トーチタワー」着工 東京駅日本橋口再開発 (2023/10/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

世界的なESG(環境・社会・企業統治)投資の高まりや人材の獲得競争に対応し、環境性能を評価する国際認証「LEED」のほか、働く人や訪れる人の健康への配慮を示す「WELL」の予備認証も取...

国内で23年1―9月のESG(環境・社会・企業統治)債引受額は首位となった。

神戸製鋼、機械安全対策を強化 拠点に柵など設置 (2023/9/28 素材・建設・環境・エネルギー1)

神戸製鋼所は27日にオンラインで開いた「ESG説明会」で、重篤労働災害をなくすため製造現場の「機械安全対策」を強化することを明らかにした。

いま環境・社会・企業統治(ESG)経営が世界のスタンダードになりつつあるが、環境問題も社会問題も短期プロジェクトでは到底解決できない。

法律で義務付けられたマネーロンダリング(資金洗浄)対策を怠っていたほか、環境などに配慮する「ESG」投資関連の商品を宣伝通りに運用していなかったことが問題視された。 ...

挑戦する企業/富士電機(2)会長兼CEO・北沢通宏氏 (2023/9/26 電機・電子部品・情報・通信1)

株価を上げるには利益だけでなく、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)への貢献といった、環境・社会・企業統治(ESG)経営の推進なども必要だ」 &#...

21年に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)が公表した「指標、目標、移行計画に関するガイダンス」では、気候変動目標を常任取締役の長期インセンティブに含め、報酬に反映する際の重...

加えて、日本独特の文化だった株式の持ち合いが解消され、その受け皿となったのは主にESG(環境・社会・ガバナンス)に敏感な外国人投資家だ。

物流の効率化に加え、脱炭素分野における自動配送ロボットの活用メリットを示すことで、環境・社会・企業統治(ESG)投資を呼び込み、自動配送ロボットの普及促進につなげる。 ...

実践「ネイチャーポジティブ経営」 生物多様性最前線(2)JAL (2023/9/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

ESG推進部環境推進グループの張叶グループ長は「リスクに対する“守り”の議論が中心だったが、22年から方向転換し、事業にプラスとなる機会を話し合った」と転換点を話す。

ESG(環境・社会・企業統治)がオフィスで使う商品を選ぶ基準になりつつあることを踏まえ、サイトを新設した。

ESG(環境・社会・企業統治)投資が拡大する中、上場企業には気候変動問題の報告について広範な対応が求められている。

環境・社会・企業統治(ESG)投資が潮流となり、企業は生物多様性に関連した情報開示も求められている。

aiESG、米フォーブス「アジア注目の企業100社」に選出 (2023/9/7 素材・建設・環境・エネルギー2)

同社は、商品・サービスごとにESG(環境・社会・企業統治)を評価する人工知能(AI)システムを開発し、2023年春から評価サービスを始めたばかり。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン