電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

623件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

マイナス成長は2四半期ぶり。... 住宅投資は同2・5%減で3四半期連続のマイナス。... 輸出は同5・0%減で、4四半期ぶりのマイナスとなった。

内閣府が16日に発表する1―3月期の実質国内総生産(GDP)成長率は、2四半期ぶりにマイナス成長に転じ、中でもGDPの半分を占める個人消費が4四半期連続で減少する見通しだ。... シン...

内閣府は同期の実質成長率を速報値の段階でマイナス0・4%(年率換算)と、2四半期連続のマイナス成長としていた。マイナス成長が続くと市場は景気後退入りを意識し、日銀は政策修正に動...

内閣府が2月15日に発表した速報値はマイナス0・4%(年率換算)とマイナス成長だった。... 内閣府の速報値では設備投資と個人消費がともに3四半期連続で前期比で減少し、実質成長...

だが日本経済は2023年10―12月期の実質成長率が2四半期連続のマイナス成長で、実体経済を反映したとは言い難い。... 23年10―12月期の実質成長率は年率換算でマイナス0・4%と2四半期...

企業の好決算が相次いで、株価も急上昇しているのに、日本経済の成長は低空飛行が続いている。2023年10―12月期の実質成長率は年率換算でマイナス0・4%。2四半期連続のマイナス成長だったのはエ...

10―12月期、「実質」年0.4%減 内閣府が15日発表した2023年10―12月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除いた実質で前期...

年率換算では同2・9%減で3四半期ぶりのマイナス成長となった。

2024年に周年記念を迎える企業 (2024/1/9 編集特集)

持続的な経済成長が志向される今、長寿企業から学ぶことは多い。... 50年を迎えるキーエンス、東建コーポレーションは独自の経営手法で成長してきた。1974年度に日本経済は戦後初めてマイナス成...

米国の7―9月期の実質成長率はプラス5・2%(年率換算)と好調で、11月の雇用統計も非農業部門の就業者数が19・9万人増と、前月の15万人増を大きく上回った。... 他方、ユー...

4四半期ぶりのマイナス成長となった。

内閣府が15日に公表した7―9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前期比0・5%減と、3四半期ぶりのマイナス成長となった。GDPの過半以上を占める個人消費は同0・04...

内閣府公表の7―9月期の国内総生産(GDP)は3四半期ぶりのマイナス成長で設備投資は弱含み。

7―9月期がマイナス成長だっただけに少し気になる。

マイナス成長は3四半期ぶり。... 実質GDPの寄与度でみると、内需はマイナス0・4%で2四半期連続のマイナス。外需はマイナス0・1%で2四半期ぶりのマイナスとなった。 ...

15日に発表された日本の7―9月期の名目GDPは前期比0・04%減と4四半期ぶりのマイナス成長だった。... 23年の実質GDPは先進7カ国(G7)の中で唯一マイナス成長となる...

物価高逆風、消費伸び悩み 民間シンクタンクなどは15日に公表される2023年7―9月期実質国内総生産(GDP)成長率をほぼ横ばいか小幅なマイナスと予測している。マイナ...

10社の平均は前期比0・1%減、この成長ペースが1年続いた場合の年率換算で0・6%減と、4四半期(1年)ぶりのマイナス成長を見込む。... また、GDPにはマイナスに作...

日本の2023年7―9月期の実質国内総生産(GDP)はマイナス成長となる見通しだ。... 日本経済研究センターがまとめたESPフォーキャスト調査(エコノミスト36人の経済見通し...

7―9月期は4―6月期からの反動減で前期比マイナス成長とする予想が多い。... 物価上昇に見合う賃金上昇がなければ実質賃金がマイナスとなり、消費を冷え込ませる懸念がある。... コロナ禍からの需要回復...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン