産業春秋/「忘・新年会」開催は企業の半数

(2023/11/16 05:00)

7日に27・5度Cに達した東京の気温。11月の観測記録を100年ぶりに更新する季節外れの暑さだった。その気温が一気に下がってきた。何を着て外出するか。急な温度変化に戸惑い、朝のテレビニュースで気象予報士による服装のアドバイスに耳を傾ける。

気がつけば11月中旬。クリスマスグッズどころかスーパーマーケットでは鏡餅が並び始め、何やら慌ただしく感じる。新型コロナウイルスが感染法上の5類に移行後、初めての年末年始を皆はどのように過ごすのだろう。

忘・新年会を予定している企業は半数程度にとどまるという。東京商工リサーチによると、企業の54・4%が実施を予定し、前年の38・6%を上回る。だが思ったより少ないとの印象だ。

「コロナ禍前は実施したが、今回は実施しない」が21・8%で、「コロナ禍前は実施せず、今回は実施する」の18・2%を上回った。コロナ禍を経て忘・新年会離れが進んだと分析している。

実施しない理由は「開催ニーズが高くない」「参加に抵抗感を示す従業員が増えた」ため。忘・新年会の手控えは国内総生産(GDP)にどの程度影響するのだろう。7―9月期がマイナス成長だっただけに少し気になる。

(2023/11/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン