46件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

【産ロボ/5G・パソコン製造 先導】 産業用ロボットの下期は緩やかに回復に転じる見込み。... 日本ロボット工業会では受注動向について「中国がどれだけ全体をリードするかによる」と話す...

国際ロボット連盟(IFR)がまとめた「世界ロボティクスレポート2020」によると、2019年に日本の工場で稼働する産業用ロボットの台数は前年比12%増の約35万5000台だったことが分かった。... ...

国際ロボット連盟(IFR)は、パンデミックが発生してから消毒ロボットに需要が高まっているとの見方を示した。デンマーク企業のブルー・オーシャン・ロボティクスが製造する紫外線方式の消毒...

日本ロボット工業会によると2019年の中国へのロボット輸出額(会員企業のみ)は前年比18%減の1844億円。... 国際ロボット連盟(IFR)は工場の自動化の進展などで、世界のロボット市場は22年まで...

【広がる用途】 国際ロボット連盟によると、世界の業務用サービスロボット市場規模は2018年実績で約1兆円であった。... ロボットには追い風となる。... 外食産業の自動化予想、各業...

ロボット需要は伸び悩んだが、ロボットに適した作業とは何かを見極める動きが進んだ。 ... リーマン・ショックはロボット業界にも大きな打撃を与えたが、10年のロボット出荷額は前年比85...

国際ロボット連盟(IFR)がまとめた2017年のインドの産業用ロボットの販売台数は前年比30%増の3412台だった。... 津田会長は一般産業でも投資の拡大が見込まれるとし、「18―21年にロボットの...

独最大の経済団体である独産業連盟は1月、EUへ対中政策についての提言書を提出。... 国際ロボット連盟によると、17年の中国における産業用ロボットの販売台数は前年比59%増加しており、世界シェアは36...

国際政治の動静に企業の投資マインドが敏感に反応するなか、難しい1年となりそうだ。 ... 国際ロボット連盟(IFR)は、産業用ロボットの世界販売台数が21年まで年平均14%で伸びると...

21年まで年平均14%成長 国際ロボット連盟(IFR)は18日、2017年の世界の産業用ロボットの販売台数が前年比30%増の38万1000台で、過去最高だったと発表した。... 17...

国際ロボット連盟(IFR)がまとめた2017年の産業用ロボットの世界販売台数は前年比29%増の38万550台だった。... IFRは今後の潮流として、ロボットのデジタル化、簡素化、人との協働作業が重要...

国際ロボット連盟(IFR)は会長に津田純嗣副会長(安川電機会長)を選出した。... 日本企業では過去にファナックの榊原伸介ロボット事業本部技監がIFR会長を務めたことがある。

ロボット導入余地は大きい  「ロボットの導入が最も進む製造業でも、だいたい作業者100人当たり1台のロボットが使われている状況で、利用率はあまり高くない」。2020年に開かれるロボッ...

国際ロボット連盟(International Federation of Robotics、IFR)が予想している17年の世界ロボット産業規模が232億ドルであることから、中国...

独シーメンスは中国に自律ロボットの研究開発センターを設立すると14日発表した。... メカトロニクスシステムや人協調ロボット、ロボットコントローラー向けの人工知能(AI)に焦点を当て、年内に活動を開始...

(ブルームバーグ)中国は他のどの国よりも多くのロボットを設置している。... 国際ロボット連盟によると、2019年にはほぼ2倍の16万台に上る見通し。 ... 自動化は生産性や輸出競...

産業用ロボットや関連する部品メーカーが国内外で相次ぎ生産を拡大する。... 中国ロボット産業連盟(CRIA)の宋暁剛理事長は17年の見通しについてこう指摘し、同国で初めてロボットの販売台数が年間10万...

【上海=西沢亮】中国の産業用ロボット市場が急拡大している。中国ロボット産業連盟(CRIA)は6日、2017年の中国の産業用ロボットの販売台数について、10万台を超えるとの見通しを示した。... 一方、...

産業用ロボットや加工機ではAIを生かして使いやすさや品質、保守性能などを向上する。... こうした作業の自動化はこれまでロボットを扱う熟練技術者による調整が必要だったがこのシステムでは一連の調整が不要...

340億ドル(約3兆8300億円)の世界ロボット市場で今のところ最大の割合を占めているのは、産業用ロボットだ。ロボット掃除機や医療アシスタント・ロボット、ホテルの客室係ロボットなどではない。 ...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる