電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

57件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

先端技術を利用した地震予知についても「研究に励みたい」(同)と張り切っている。

関西サイエンス・フォーラム(大阪市北区)と大阪国際フォーラムは5日、地震予知研究公開講演会を大阪大学中之島センター(同)で開催した。長尾年恭日本地震...

関西サイエンス・フォーラム(大阪市北区)と大阪国際フォーラム(同)は12月5日13時から大阪大学中之島センター(同)で地震予知研究公開講演会を開催する。...

関西サイエンス・フォーラムと大阪国際フォーラムは、20日13時から地震予知研究の公開講演会をオンライン開催する。「南海トラフ地震と防災・減災対策 液状化現象を中心に」がテーマ。

排他的経済水域の200カイリ(約370キロメートル)地点まで往復可能で、不審漁船監視や海上遭難者の捜索、地震予知の海洋プレート監視などの需要を狙う。

関西サイエンス・フォーラムと大阪国際フォーラムは11日13時半から大阪大学中之島センター(大阪市北区)で、公開講演会「地震予知研究の現状と将来 防災先進県静岡に学ぶ」を開く。東...

電気電子工学会名古屋支部は31日13時から名古屋市昭和区の名古屋市公会堂で、地震予知についてのシンポジウム「地震予知の可能性―最近の電気・電子・通信・計測・情報工学を活用して―」を開く。日本地震学会会...

そんな中、京大と共同開発した地震予知技術は、南海トラフ地震への危機感を背景に社会的に需要が高い。製造現場や病院の手術室などでは、1時間前に地震予報があれば対策を打つことができるだろう。

同社が今春打ち上げる観測ロケット「MOMO2号機」に、地震など巨大災害時に発生する低周波音(インフラサウンド)を捉える観測装置を載せることが決まった。

南海トラフ沿いで発生する東海地震は、これまで予知可能とされてきた。1978年制定の大規模地震対策特別措置法(大震法)は、予知情報を前提に対応を定める。... これを受け、気象庁は東海地...

気象庁は東海地震予知情報の発表をとりやめ、11月1日正午から、巨大地震発生の可能性が高まった場合に「南海トラフ地震に関連する情報」を発表する。... 「大規模地震対策特別措置法(大震法)...

関西サイエンス・フォーラム、地震予知研究を解説 (2017/9/28 中小企業・地域経済1)

関西サイエンス・フォーラムは10月11日13時半―16時45分、大阪市北区の大阪大学中之島センターで講演会「地震予知研究の現状と将来 今後の防災対策への活用」を開く。... 大規模地震の予測や...

気象庁は、南海トラフで起きると考えられている巨大地震の予知などに関わる「東海地震に関連する情報」の発表を取りやめる。... 同地震を予知するため、気象庁は静岡、愛知、長野の3県に合計27点設置している...

熊本地震の被災地に限らず、活断層という言葉を知っていても「まさか大地震が起こるとは思っていない」という人はまだまだ多い。 ... しかし日本では地震の規模を示すマグニチュード(...

ケイ・オプティコムは今後、地方自治体向け地震予知サービスなどとして、18年度以降の実用化を検討する。地震発生時に起きる電子の異常な数値などを分析することで、地震を予知できるとしている。 ...

東京大学大学院理学系研究科のロバート・ゲラー客員共同研究員の「日本は地震予知ができないことを認めるべきだ」とする投稿が英科学誌ネイチャーのコレスポンデンス(通信)欄に18日、掲載された...

地震予知に関心があるようだ」と明かすのは東京大学地震研究所、統計数理研究所准教授の長尾大道さん。 ... 「人工知能(AI)を使った地震の研究を応援してもらっている」...

「お祭りは、防災訓練として見ても素晴らしい活動だ」と地域のつながりの大切さを説くのは、東京大学地震研究所地震予知研究センター教授の平田直さん。

巨大地震が繰り返し発生する南海トラフでは、地震の規模を示すマグニチュード(M)8―9クラスの地震が30年以内に70%程度の確率で起きると言われている。... ■専門家はこう見る...

【東京大学地震研究所地震予知研究センターの平田直教授/余震起きやすい】 今回の地震は2011年の東北地方太平洋沖地震の余震の一つ。... 今後も東北地方太平洋沖地震の影響で...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン