1,022件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

物質・材料研究機構の松田翔一主任研究員らは実験自動化ロボットと機械学習を組み合わせ、高エネルギー密度蓄電池の開発のための新たな電解液の探索システムを開発している。 ... さらに膨大...

地震予測へのAI活用が期待されるが、機械学習は大地震のような発生頻度の少ない事象の予測が苦手で、データ中に偏りがあると予測精度が下がる。 ... 全国約1700カ所の強震観測網の約2...

日刊工業新聞社が7日に発売する月刊誌「機械設計9月号」は「画像認識・処理技術の基礎とシステム設計のポイント」を2部構成で特集する。特集パート1は、リコーイノベーション本部AI応用研究センターの笠原亮介...

分光器で食品分析 阪大、機械学習活用 (2020/8/5 科学技術・大学)

大阪大学大学院工学研究科の小西毅准教授らは4日、機械学習を活用し、低い波長分解能しか持たない市販の分光器でも高精度の食品分析に成功したと発表した。... 変化の拡大に伴い取得できるデータ数が減る課題を...

【条件設定困難】 2000年代後半から始まったとされる第3次人工知能(AI)ブームにおいて、ディープラーニング(深層学習)やニューラルネットワークに代表される機械学習技術は急速に発展...

米ハワイ島のすばる望遠鏡で観測した画像データを機械学習で解析。... すばる望遠鏡で観測した4000万個の画像データを機械学習で解析し、候補を3個に絞り込んだ。

知能メディア、機械学習、脳認知など幅広いAI技術で原理や方法の講義と、パイソンなど使ったクラウド上での開発演習を行う。... 業種は電気機器、情報・通信、機械、鉄鋼など。

開発を目指すスフェロイド培養装置は、同社の製品「タスクル」を使って大量培養しつつ、機械学習を活用して自動で品質が悪いものを除去したり、大きさに応じて成長を調整したりする機能を備える。

深層学習(ディープラーニング)を中心にAI技術の研究開発が進展し、画像処理や医学診断などに用いるAI関連の発明が急増しているという。... また近年は機械学習に用いる技術の発明が増えており、18年の出...

人工知能(AI)・機械学習はそれを実現する有効な手段であり、積極的に導入する動きが高まってきている。 ... 我々は分析コスト削減および人的ミスの低減、そしてサイバー攻撃の早期発見を...

オンラインで学習の機会を広げ、具体化した開発案件はコンサル業務として受ける。... プログラミングの知識がない人でもわかるように、AIや機械学習の全体像を数式を用いずに教える。 .....

ポリプロピレンへの光照射と機械学習で劣化状態を予測する。... さらに機械学習を利用し、近赤外光の吸収スペクトルのデータと破断伸びをつなげる式を導出。

中部電力ミライズ、AIでエアコン制御 好みの温度に自動操作 (2020/7/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

機械学習によるAI機能を実装したスマートリモコンは国内初という。 AIが顧客の好みを学習するため延べ20時間程度の学習時間を設け、顧客がここリモでこまめに設定温度を操作する。

新材料開発にデータ解析 日本触媒が専門部署 (2020/7/21 素材・医療・ヘルスケア)

人が経験して得た知識やノウハウを数値に変換し、データと合わせて解析する「ベイズ推定」と機械学習を組み合わせ、少ないデータでも隠れた性能や最適な材料設計などが特定できる。

2018年夏の西日本豪雨の際の被災地の衛星観測データを機械学習し、19年10月の台風19号の浸水域をAIに推定させたところ、8割の精度で浸水範囲を特定できた。... 研究グループは、18年の西日本豪雨...

同社はこれをAIに機械学習させる。

内容は、IoTやAIの基本や機械学習、プログラミング、個人情報保護などの法律、音声認識、画像処理などを名古屋市大の教員が講義する。

課外活動施設の一室に3次元(3D)プリンターなどの工作機械や機械学習用のパソコンを設置した。

機械学習を利用し、スナック菓子の圧縮試験の分析データを自動分析する手法を確立。... 脳の神経回路をまねた手法「ニューラルネットワーク」を利用した深層学習(ディープラーニング)で教師データを学習させた...

現状と課題について機械・金属部機械システム研究グループの森下和幸主任研究員に聞いた。... 「関連技術としてデザイナーが手作りしたモデルをスキャニングし、機械学習の技法で簡単に製造データに転用しようと...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる