電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

きょう検討会 政府は生成人工知能(AI)の活用と知的財産権の保護を両立するため、関係者の推奨される取り組み方法を提示する。... その後策定する「知的財産推進計画」に...

政府は9日、知的財産戦略本部(本部長・岸田文雄首相)の会合を首相官邸で開き、「知的財産推進計画2023」を決定した。... 首相は会合で「日本のイノベーションを活性化し、多様なプレーヤ...

政府は、知的財産戦略本部(本部長・菅義偉首相)の会合で、「知的財産推進計画2021」を決定した。

政府は知的財産戦略本部が検討を進める「知的財産推進計画2020」に、新型コロナウイルス感染症収束後の社会「ニューノーマル(新常態)」に向けた戦略を新たに盛り込む。同計画は6月にも策定さ...

商いをする上で、特許・意匠・商標・著作権、社名などを含めて、知的財産をいかに活用するか、知財戦略は重要だ。... 特許、商標、情報発信など6グループが活動し、内閣府の『知的財産推進計画』策定に関しては...

知の拠点づくりを進める 大学 (2018/11/19 特集・広告)

「知的財産推進計画2018」でも、重点項目として知財創造教育・知財人材育成の推進、クールジャパン人材の育成・集積を挙げるとともに、知財を事業戦略に活用できるグローバル人材育成の必要性を掲げている。.....

政府の知的財産戦略本部は12日、2025―30年ごろを見据えた知的財産戦略ビジョンを策定したと発表した。... 18年度の「知的財産推進計画」や成長戦略にも反映する。 ... 一方、...

さまざまな業種が持つ産業データや知的財産を駆使することで自動運転車など次世代技術が開花する。... 知的財産紛争が発生した際、時間や費用のかかる裁判に持ち込まずに解決を狙うものだ。... これを受け、...

政府の知的財産戦略本部は、2030年を見据えた知的財産戦略ビジョンを策定する。... 産業財産権やコンテンツを軸とした従来の枠組みにとらわれず、クールジャパン推進を含めて日本の強みを再定義する。18年...

政府の知的財産推進計画や未来投資戦略にも同案が盛り込まれた。

IoT(モノのインターネット)を活用した第4次産業革命やソサエティー5・0を推進するために、著作権保護に柔軟性をもたせることが大事だ。 政府は2016年の知的財産推進...

人工知能(AI)の開発を加速させるため知的財産の制度設計が進んでいる。知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)がまとめた「知的財産推進計画2017」は、AI開発...

政府は16日、知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)を開き、「知的財産推進計画2017」を決定した。... AI創作物の知的財産権の検討では、柔軟性のある権利制限規定の整備と...

同クラブは政府の「知的財産推進計画2016」の提言のうち、「知財教育・知財人材育成の充実」の中で、地域・社会との協働の今後の方向性の例として、その活性化が明示されている。 ...

山口大学は、中学・高校の生徒への知的財産教育を後押しするため、中高の教師に対する講習を新たに始めた。... 政府の知的財産推進計画では、初等中等教育機関における知財教育推進を挙げている。... 山口大...

早稲田大学法学学術院の高林龍教授を委員長に迎え、8日に開く経済産業省の産業構造審議会知的財産分科会特許制度小委員会で議論をスタートする。... 科学技術イノベーション総合戦略や知的財産推進計画など政府...

政府が「知的財産推進計画2016」にAI創作物などへの法制度の検討を明記した。... 著作権を巡っては、AIの開発インセンティブとしてAI創作物に著作権を認めるべきだという推進論と、著作権の権利が強い...

知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は人工知能(AI)が制作した創作物を著作権保護の対象とするべきか検討作業に着手する。... 2015年度内に方向性をまと...

山口俊一内閣府特命担当相は14日、政府が6月にも公表する2015年版「知的財産推進計画」の主要テーマとして、「地域の中小企業の産学連携を促し、(政権が推進する)地方創生と絡めたい」と語...

政府は企業の営業秘密を守る制度の拡充を柱とする2014年版「知的財産推進計画」をまとめた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン