電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

502件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

建設業全体で見れば、従来の人手不足に加えて2024年問題も直撃する。... 「ここ2、3年は採用の選考機能が軌道に乗ってきた。5、6年前までは面接に来た人を誰でも採用していた」と振り返る。 &...

日本通運、車販売向け物流サービス (2024/6/21 生活インフラ・医療・くらし1)

2024年問題に伴う輸送力不足対策として、自動車販売業界の物流効率化を提案する。

冷食5社が共同配送 物流効率化で協力 (2024/6/21 生活インフラ・医療・くらし1)

一部地域で商品を共同配送したり、物流システムを共通化したりすることで、残業規制に伴うトラック運転手不足で輸送力低下が懸念される「2024年問題」に対応する。 ... 25年をめどに共...

背景には4月からの時間外労働の上限規制強化、いわゆる建設業界の「2024年問題」対応がある。... そこで23年10月、紙帳票をデジタル化するシステムを試験導入した。... また、工事終了後の完工保管...

トラック運転手の時間外労働の上限規制適用に伴う「物流の2024年問題」解決に寄与する点を訴求し拡販する。

同社の2024年3月期売上高は1062億円。... セイノーHDは輸送事業の24年3月期の売上高が4702億円。... 物流業界では「2024年問題」も相まってドライバー不足が深刻化。

これにより、36協定締結時の年間時間外労働時間上限が960時間となるなど、いわゆる「2024年問題」にトラック運送業界は直面している。 一方、業界各社の24年問題への対策は道半ばなが...

ラクスルが2015年に始めた事業を分社した後、セイノーホールディングス(HD)が50・1%を出資し22年8月に新会社として再出発した。... 23年8月時点で会員約1万7000...

トラック運転手の時間外労働の上限規制適用に伴う「物流の2024年問題」解決は建設機械各社にとって喫緊の課題となっている。

NECとNLJ、物流の全体最適で提携 共同輸配送を効率化 (2024/6/12 電機・電子部品・情報・通信1)

NECとNEXT Logistics Japan(NLJ、東京都新宿区、梅村幸生社長)は11日、「物流2024年問題」とその先を見据え、物流分野で提携すると発表した。....

24年問題に対応 日建リース工業(東京都千代田区、関山正勝社長)は、物流の「2024年問題」を乗り越えるため、建設工事現場で使われる足場などの仮設資材の注文方法と配送...

出荷数の確認時間2割減 両備システムズ、AIツール提供 (2024/6/11 電機・電子部品・情報・通信1)

同社が既に販売しているトラックの入退場管理や駐車場管理システムと共に、トラック運転手の時間外労働の上限規制適用に伴う「物流の2024年問題」に対応する製品と位置付ける。3製品合わせて26年に現在比約2...

これに加え、時間外労働の上限規制が強化される物流業界の「2024年問題」に伴う運賃引き上げの影響も広がっている。

エフライズは2020年に創業し、従業員は24年3月時点で21人。... 人手不足や時間外労働の上限規制が適用される「2024年問題」など、建設業界が抱える課題の解決や働き方改革の実現につなげる。...

2024―26年度の中期経営計画と同時に発表した長期ビジョンで、10年後に向けてスマート化を追求する「みらい工場」構想を打ち出した。... 土屋明秀社長に10年後のありたい姿を聞いた。 ...

新ウイング車や予約システム 日立建機は「物流の2024年問題」に対応して、さまざまな取り組みを急ピッチで進めている。

「少子高齢化や『物流の2024年問題』もあり、無人搬送を進める必要がある」と説明。

物流の2024年問題の現場はどうなっているのだろう。

「着任して約3年になる。... 『物流の2024年問題』は、(運転手の)残業規制によりオンタイムで運べたものが運べなくなる可能性が出てきた。

2011年1月から23年12月末までに、福島県への企業立地は新増設合わせて872件。ここ数年では、21年は40件、22年は53件、23年は44件で推移している。... さらに人手不足や、物流業界に時間...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン