845件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

県職員1人を2年間JAXAに派遣し地方創生モデルを立案する。 ... JAXAの山川宏理事長や油井亀美也宇宙飛行士の講演会を開いてきた。... 4月からJAXAに派遣された県の円城寺...

NTTデータ、3D地図を高精度化 JAXAと共同研究 (2021/4/7 電機・電子部品・情報・通信2)

NTTデータは、人工衛星に搭載したレーザー高度計を用いて3次元(3D)地図を高精度化する共同研究を宇宙航空研究開発機構(JAXA)と始めた。発射したレーザーが対象で反射した光を受信し、送受の時間差を計...

【宇宙利用拡大】 これまでJAXAでは、静止光学衛星に適した反射鏡の母材(鏡面を形成するための土台となる構造体)について研究を行い、セラミックスの一種であるコーディエライトを最適な材...

これまでJAXAは2機のデータ中継衛星を打ち上げ、実証実験を行った。... 今後、打ち上げが計画されるJAXAの地球観測衛星「だいち3号」と「だいち4号」に搭載される予定だ。... そこでJAXAと情...

文部科学省と日本機械工業連合会などは30日、優れたロボット技術や製品をたたえる第9回「ロボット大賞」の表彰式を開いた(写真)。文部科学大臣賞には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶ...

例えばJAXAでは、バフェットと呼ばれる流体現象の予測手法を研究している。 ... そこでJAXAでは、短時間で計算可能な小規模の数値解析のみでバフェット現象の予測を可能とする解析ツ...

さらに採取した試料を入れるカプセルの耐熱技術や試料の回収システム、人工クレーターを作る衝突機の溶接技術などは、JAXAだけでなく企業との共同研究で生み出された。JAXAの津田雄一はやぶさ2プロジェクト...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は18日、種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)で行われたJAXAが開発中の大型基幹ロケット「H3」の打ち上げのリハーサル実験が成功したと発表した。... ...

「はやぶさ2」帰還3カ月 計画順調、試料分析も着々 小惑星探査機「はやぶさ2」が6年ぶりに地球に帰還してから3カ月がたった。小惑星「リュウグウ」で採取した試料の分析に向けた準備が進み...

【陸上飛行禁止】 2003年のコンコルド退役とともに世界から超音速での旅客飛行が絶えて久しい。なぜ、新しい超音速旅客機が現れないのか? その要因の中で最も大きな課題がソニックブームに...

野口聡一さん、5日に船外活動 (2021/3/2 科学技術・大学)

JAXAによると、野口さんは米国人宇宙飛行士のキャスリーン・ルビンズさん(42)とペアを組み、新型太陽電池の設置に向けた準備や船外にある無線通信用機器の交換などの作業を約6時間半かけて行う予定。...

実機と同じ動き再現 【はやぶさ2帰還】 2020年12月6日、小惑星探査機「はやぶさ2」が6年間に及ぶ深宇宙航行を経て地球へと帰還した。想定を遥かに超えて岩だらけの...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2021年秋ごろから募集を始める宇宙飛行士の応募条件の緩和を検討していることを明らかにした。これまで理系の大学卒業以上といった条件だったが、文系でも応募できるよう枠を...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とNEC、NECスペーステクノロジー(東京都府中市)は、全地球測位システム(GPS)衛星からの信号を使い人工衛星の時刻や位置、速度を精度良く決定する「GPS航法」を静止...

BツーC事業ではデザイン経営を取り入れて企業のブランド力向上に取り組みたい」 【ポイント/能力発揮できる環境設備】 JAXAから設計・製造を受託したマルチクローラー...

日本ガイシ、JAXAからNAS電池受注 (2021/2/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

日本ガイシは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)向けナトリウム硫黄(NAS)電池(写真)を受注した。4月に運転を開始する予定。定格出力2400キロワット、定格容量...

JAXA側の知財やここで得られるノウハウは、今後の製品開発や認証の手助けに資する共通基盤技術として整備される。

JAXAは北海道で同システムを北見工業大学などと共同開発中で、21―22年度に空港実証を予定。... JAXAは世界初の人手に代わる技術として、25年度の実用化を目指している。

従来JAXAでは、さまざまなSARの画像化アルゴリズムを開発してきたが、いずれも地上のコンピューター用であった。

トマト銀、宇宙探査イノベで企業向け説明会 (2021/1/27 金融・商品市況)

宇宙探査イノベーションハブは宇宙で活用できる技術の開発と社会(地上ビジネス)での実装を目指し、JAXAが企業や研究機関と共同研究する取り組み。対象はJAXAとの共同研究に関心のある企業や研究機関。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「口頭試験」 受験必修ガイド 第6版

技術士第二次試験「口頭試験」 受験必修ガイド 第6版

カラー版 目で見てナットク!はんだ付け作業

カラー版 目で見てナットク!はんだ付け作業

よくわかる3次元CAD 
SOLIDWORKS演習 図面編

よくわかる3次元CAD SOLIDWORKS演習 図面編

基礎から学べる!世界標準のSCM教本

基礎から学べる!世界標準のSCM教本

攻略!「数値制御旋盤作業」技能検定試験
<1・2級>実技試験

攻略!「数値制御旋盤作業」技能検定試験 <1・2級>実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい天文学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい天文学の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる