[ 医療・健康・食品 ]

農水省、輸出促進で日本食に安全規格−生鮮食品の科学的データ反映

(2015/12/30 05:00)

農林水産省は日本産食品の輸出促進のため、日本発の食品安全管理規格や認証スキームを策定する。日本食が世界的にブームとなっており、環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意で食品の規制緩和が進むことが見込まれるのに対応する。規格策定で、安全性とおいしさを両立させる。2018年度までに少なくとも5品目以上で、基準やガイドラインを策定する。

すしやしょうゆ、漬物、日本酒などは日本食人気に乗り海外需要が拡大、輸出も伸びている。ただ、安全管理基準は海外認証スキームに合わせる例が大半で、中小事業者には負担が重く、生食や発酵食品が多い日本食には合わないこともある。日本発基準を策定、海外に認めてもらうことで輸出と日本食人気を後押しする。

安全管理基準は国際取引で事実上の標準となっているHACCPをはじめ、米国版、欧州連合(EU)版HACCPやオランダのFSSC22000などとも整合性のとれた規格とする。すしや...

(残り:300文字/本文:700文字)

(2015/12/30 05:00)

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる