[ 自動車・輸送機 ]

富士重、13年ぶりの新車台を公開

(2016/3/8 05:00)

富士重工業は7日、2016年後半から発売する新型「インプレッサ」から導入する次世代プラットフォーム(車台)「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を公開した。約13年ぶりの新車台。全車を相似形の車台として一括企画する。感性に響く走りと世界最高水準の安全性能を全車で実現。年販100万台超へ弾みをつける。

都内で会見した吉永泰之社長は「ブランドの核である『安心と愉しさ』を加速し、強みを伸ばす」と語った。

新車台は25年までの衝突安全性能などを見越しており、自動運転や電動化にも同じ設計構想で対応する。

思い通りに動く車を追求するため、1000分の1秒単位で車両各部の動きを計測。剛性を現行車比7割増―2倍にし低重心化も進めて「欧州車を上回る動的質感とした」(大拔哲雄執行役員)。運転支援システム「アイサイト」などに新車台と新デザインを加え、かつてない進化を目指す。

【販売100万台...

(残り:620文字/本文:1,020文字)

(2016/3/8 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる