[ オピニオン ]

社説/AIブーム、世界と戦うための人材育成を怠るな

(2016/5/25 05:00)

 政府は名目国内総生産(GDP)600兆円に向けた新成長戦略の一つとして「第4次産業革命」を掲げ、2020年に30兆円という市場目標を示している。主役となるのはIoT(モノのインターネット)やビッグデータ、人工知能(AI)、ロボットなど。中でもAIは最近、期待感がバブルのように膨らんでいて危うさすら感じる。実際には技術開発の途上にあることを忘れてはならない。

 AIの歴史は約60年前にさかのぼる。これまで二度にわたるブームと冬の時代を経て、現在は第3次AIブームといわれる。技術革新は幾度かの波を繰り返しながら進展するもの。研究者は「前回のブームは夢を語るにとどまっていたが、今回はベンチャーキャピタルなど投資家がいち早く動いている」と違いを評する。

 最近は日本将棋連盟公認でプロ棋士とコンピューターソフトが戦う電王戦などの話題も絶えない。棋士がコンピューターに負けるケースは珍しくない。将棋以外でも、米グーグルが開発した囲碁AIの「アルファ碁」が3月に世界トップ棋士と対局し、4勝1敗で勝利して衝撃を与えたことは記憶に新しい。

 もちろん、こうした結果だけで「AIが人間を超えた」とはいえない。だが物事を認識したり分類したりする分野で、AIが人間と同等か、時には上回る力を備えてきていることは事実だ。その背景には人の脳の構造をソフトウエア的に模倣した「ディープラーニング(深層学習)」技術と、時間当たりの演算能力の進歩がある。

 用途も広がっている。自動走行車やドローン(飛行ロボット)もAIが要だ。この開発で、日本が諸外国に後れをとるわけにはいかない。

 米シリコンバレーではAI人材の引き抜き合戦が繰り広げられている。カギとなるのは世界に伍(ご)していく力を持った人材。「日本はトップレベルの研究者がいても絶対数が少ない」という指摘もある。過剰ともいえるブームに浮かれず、世界と戦うAI人材の育成を怠らないようにしたい。

(2016/5/25 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる