[ オピニオン ]

産業春秋/つま恋伝説は続く

(2016/9/9 05:00)

「たびねする小夜(さよ)の中山さよ中に鹿ぞ鳴くなる妻や恋しき」。橘為仲が“小夜の中山”(現掛川市)で妻をしのんだ和歌が「ヤマハリゾートつま恋」の名の由来。1974年の開設時のヤマハ社長でヤマハ発動機創業者の川上源一氏が名付けた。

小坂明子や円広志、あみん、辛島美登里らを輩出したポピュラーソングコンテストの舞台。その“フォークの聖地”が12月に幕を下ろす。初期から携わった音楽プロデューサーの木下晃さんは「図面がOKでも川上さんが現場に来てやり直せと指示が出た」と振り返る。

75年、伝説の『吉田拓郎・かぐや姫コンサート』は掛川の人口に匹敵する6万5000人を動員。ラスト曲『人間なんて』を観客が声枯れるまでがなり続け、会場は熱狂の渦と化した。

木下さんは祭りの後、眠り込んだ若者らの傍らで黙々とゴミを拾ったという。今では野外コンサート会場は全国にあるが、つま恋がもたらした高揚は、ひとつの時代を象徴するものだ。

ポプコン生まれの中島みゆきの『時代』は「あんな時代もあったねといつか笑って話せるわ。(中略)今日は倒れた旅人たちも生まれ変わって歩き出すよ」と歌う。つま恋の第二の人生が、新たな伝説を紡ぐことに期待したい。

(2016/9/9 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン