[ 科学技術・大学 ]

落書きが竹とんぼに−東大、羽根のバランスを自動調整

(2016/11/28 05:00)

東京大学大学院情報理工学系研究科の中村守宏大学院生と小山裕己大学院生、五十嵐健夫教授は、落書きを竹とんぼ(写真)にできるシステムを開発した。羽根の形と飛行軌跡を予測する独自のシミュレーションを基に、落書きの羽根を微調整して竹とんぼに仕上げる。羽根のバランスが考慮されていない形でも、ある程度飛ぶ竹とんぼに自動修正する。子ども向けのイベントや販促カードなどに提案する。

シミュレーションは、羽根の形が違う竹とんぼを14種類用意し、飛んでいる様子を高速カメラで撮影して作製した。画像から回転速度や飛行高度を算出し、羽根の形ごとに浮力や空気抵抗を推計、このデータを機械学習させた。

羽根の取り付け角度や大きさのバランスなどは自動調整する。落書きのオリジナリティーを崩さないように羽根を配置する。文字列やドラゴンなどの絵が飛ぶことを確認した。開発したシステムで調整しなければうまく回転せず、まったく飛ばすことはできない。

飛行時間は3秒程度。子どもが室内で遊ぶ分には十分な飛行距離を確保し、飛びすぎないため紛失しにくい。システムは完成しており、企業の使い方に応じた修正ですむ。イベントで好きなキャラクターを選んで竹とんぼを製作したり、販促カードの企業ロゴを竹とんぼにする使い方を提案していく。

(2016/11/28 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる