[ オピニオン ]

産業春秋/鏡開きと日本酒

(2017/1/11 05:00)

年を重ねたせいか、新年を迎えることの新鮮味が薄れたように感じる。やもめ暮らしの住まいでは、しめ飾りも年末の大掃除も省略していた。実家に戻って暮らすようになっても、そのズボラが直らない。

両親が元気だった頃には、年末に必ず餅をついていた。鏡餅に平餅、よもぎ餅、あんころ餅と順に作っていく。電気餅つき器ですませるようになっても、家族で餅を丸める作業が楽しかった。

その親も体が弱くなり、もち米やよもぎの手配や蒸す作業が負担になったという。のどに詰まらせるのが怖いので、老人に餅ばかり勧めることにも抵抗がある。スーパーが正月も開くようになって他の総菜が簡単に買えるせいもあり、たくさん用意しても食べきれなくなった。

出来合いの餅を買ってきてすませる代わりに、今年は少しばかりいい日本酒をそろえて正月を過ごした。ちょっともったいぶって一升瓶を木箱から出し、おとそ代わりに杯に注ぐ。

きょうは多くの地方で鏡開き。ただプラスチックに包まれた鏡餅にはいまだに慣れないし、槌(つち)で割ることもできずに味気なく感じる。最後の大吟醸の封を切って正月を締めくくろうと思う。旧年中のくさぐさを忘れるのには、餅より酒がうってつけだ。

(2017/1/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン