INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 化学・金属・繊維 ]

東レ、設備投資5000億円 17―19年度、炭素繊維・電池部材に重点

(2017/1/11 05:00)

東レは2017年度から3カ年の中期経営計画で、炭素繊維や電池用部材を中心に設備投資額を積み増す。3年間の設備投資額は5000億円規模と、現中計に比べ約1000億円の増額となる見込みだ。成長分野への投資を厚くし、収益基盤を強固にする。

次期中計は1月末に最終決定し、2月上旬に公表する。検討する設備投資額5000億円規模のうち2000億円を既存設備の更新などに充て、残りの3000億円を新規投資分とする方針だ。

新規投資分の詳細は調整中だが、需要が急拡大する炭素繊維やセパレーター(電池用絶縁体)、ポリプロピレン(PP)長繊維スパンボンド、エアバッグなどの設備投資を厚くする見込み。日覚昭広社長は「有望分野への積極的な設備投資は堅持するため、積み上げ分を考えると(投資額は)増える」としている。

新興国の台頭による価格競争激化や、治療方法の変化による需要減で、衣料用素材や医薬品などは苦戦が続いて...

(残り:148文字/本文:548文字)

(2017/1/11 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

  • 有料会員
    1ID月額4,000円+税で、電子版のすべての機能をご利用いただけます。

  • 無料会員
    有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

    PR

    化学・金属・繊維のニュース一覧

    おすすめコンテンツ

    顔の老化のメカニズム
たるみとシワの仕組みを解明する

    顔の老化のメカニズム たるみとシワの仕組みを解明する

    「自動運転」ビジネス 勝利の法則
レベル3をめぐる新たな攻防

    「自動運転」ビジネス 勝利の法則 レベル3をめぐる新たな攻防

    技術大全シリーズ 
めっき大全

    技術大全シリーズ めっき大全

    バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

    バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

    必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

    必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

    「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

    「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

    カレンダーから探す

    閲覧ランキング
    • 今日
    • 今週

    ソーシャルメディア

    電子版からのお知らせ

    日刊工業新聞社トピックス

    セミナースケジュール

    イベントスケジュール

    もっと見る

    PR

    おすすめの本・雑誌・DVD

    ↓もっと見る

    ニュースイッチ

    専門誌・海外ニュースヘッドライン

    専門誌

    ↓もっと見る

    海外ニュース

    ↓もっと見る

    大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

    日刊工業新聞社関連サイト・サービス

    マイクリップ機能は会員限定サービスです。

    有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

    会員登録/ログイン