[ ロボット ]

ロボットが加工対象を見て、アーム先端を微調整−東大が開発(動画あり)

(2017/2/24 05:00)

(東京大学提供)
  • ロボットによるライントレースも自在に

東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授と黄守仁特任研究員らは、ロボット自らが加工対象を見てアームの先を微調整するビジョンフィードバックシステムを開発した。撮影速度が1000分の1秒の高速カメラで対象の位置を捉え、レーザーや溶接などの加工機先端の位置を修正する。ラフなティーチングで済むため、効率を大幅に改善できる。

ロボットなどのアーム先端に高速カメラや位置を修正するアクチュエーターを搭載する。修正範囲は2センチメートル四方で、加工対象をカメラで捉えて位置を自動修正する。ロボットの軌道を粗くティーチングしても高精度加工が可能。加工対象がベルトコンベヤーで振動するなど、動いている対象にも追随できる。

ソニーのビジョンチップを採用し、高速カメラと位置情報処理ユニットを60グラムに軽量化した。二次元アクチュエーターなどを含めて340グラムに抑えた。アームの先端に搭載しやすい。撮影と位置修正が1000分の1秒と高速なため、ロボット本体の動きよりも速く修正できる。

(2017/2/24 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン