[ エレクトロニクス ]

人の繊細な動作、衣類型センサーが検知−ヤマハ、18年めど実用化

(2017/3/30 05:00)

【浜松】ヤマハはフィルム状や糸状で衣類などに組み込める「衣類型モーションセンサー」を2018年中をめどに実用化する。多層カーボンナノチューブ(CNT)を樹脂で固めた伸び縮みする変位センサー技術を応用する。クレッセント(東京都墨田区)と16年末に製品化したVR(仮想現実感)用グローブに続く開発で、ウエアラブルセンサー事業に本格参入する。

センサー材料は静岡大学と共同開発した独自の結晶構造を持つ多層CNTの集合体(CNTアレイ)。多層CNTアレイは端部を引っ張ると、繭から絹を紡ぎ出すようにフィルムや糸状になる特性がある。それらをウレタンエラストマー樹脂で固めて伸縮性を持たせ変位センサーとした。

伸び縮みに応じた電気抵抗値の変化で人の体の動きを検知する。センサーを衣類に編み込めば、人の目やカメラではとらえにくい繊細な動作を検知できる。変動追従性は15ミリ秒と速い。ゴムのように伸び縮みするため...

(残り:217文字/本文:617文字)

(2017/3/30 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる