[ 政治・経済 ]

エネ庁、メタンハイドレートの海洋産出試験を中断

(2017/5/16 05:00)

  • 地球深部探査船「地球」(メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム提供)

経済産業省・資源エネルギー庁は15日、第2回メタンハイドレート海洋産出試験を中断したと発表した。3―4週間程度のガス連続生産を目指していたが、生産坑井内に大量の砂が流入。12日間で合計約3万5000立方メートル(暫定値)を確認した時点で、中断を余儀なくされた。5月下旬から6月上旬にかけ2本目の坑井で生産試験を再開する予定だが、生産期間などは未定。

エネ庁が石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に委託し、地球深部探査船「ちきゅう」を使って、渥美半島から志摩半島の沖合で5月4日からガス生産を続けてきた。センサーなどから得られる情報を元に中断に至った原因を解析し、今後の開発に生かしていく。

2013年の第1回試験でも坑井内に砂が流入するトラブルにより6日間で終了しており、今回は出砂対策の有効性がポイントだった。

生産量については、約12万立方メートルを生産した前回と圧力条件などが異なるため、今回はほぼ想定通りだったという。

政府は「平成30年代(18―27年)後半に民間企業が主導する商業化のためのプロジェクトの開始」を見据える。2本目の坑井で挽回できるか、注目が集まる。

(2017/5/16 05:00)

関連リンク

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン