INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ICT ]

日本IBM、ワトソンのスキル認定制度に日本語版

(2017/5/18 05:00)

日本IBMは資格認定制度「ワトソン・アプリケーション・デベロップメント」の日本語版による認定を始めた。全世界共通の米IBMプロフェッショナル資格認定制度の一つで、ワトソンを使ったアプリケーション(応用ソフト)開発のスキルを認定する。受験料は2万1600円(消費税込み)。

人工知能(AI)の概念や機械学習技術などの基礎知識、開発・利用ケースに加え、主要な応用プログラムインターフェース(API)の機能や複数のAPIを組み合わせて構成する方法など、実践的な知識の習得を認定する。

認定試験に合格すると「IBMサーティファイド・アプリケーション・デベロッパーワトソン」の資格と、デジタルに資格情報を証明できるワトソンデベロッパー認定「バッジ」を取得できる。

認定レベルは中級。試験の予約はコンピューター・ベースド・テスティング(CBT)で提供している「ピアソンVUE・テストセンター」のサイトで登録する。ワトソンのスキルを認定し、アプリ開発を支援する。

(2017/5/18 05:00)

関連リンク

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

IoTで変わるのは製造業だけじゃない
農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

IoTで変わるのは製造業だけじゃない 農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

デンソーから学んだ本当の「なぜなぜ分析」

デンソーから学んだ本当の「なぜなぜ分析」

シッカリ学べる!「光学設計」の基礎知識

シッカリ学べる!「光学設計」の基礎知識

未来の科学者との対話15
第15回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話15 第15回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第7版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第7版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン