[ 中小・ベンチャー ]

音羽電機工業と本社、IoT・AIの雷対策実例-大阪技術セミナーに300人

(2017/5/19 05:00)

音羽電機工業(兵庫県尼崎市、吉田修社長、06・6429・3541)は18日、日刊工業新聞社と共催で「第8回雷と雷保護技術セミナーin大阪」を大阪国際会議場(大阪市北区)で開いた(写真)。テーマは「AIが変える社会と進化する雷防護システム」。人工知能(AI)が社会に与える影響や、それを落雷などの大電圧から防ぐ重要性などを紹介した。話題のAIがテーマとあって定員いっぱいの約300人が聴講した。

特別講演では中島秀之東京大学大学院特任教授が「AIが人間の脳を超えると無用の心配をする人もいるが、うまく使えば素晴らしい道具になる」と説いた。音羽電機の早川信一雷コンサルティング部長はIoT(モノのインターネット)やAIの雷対策を実例を交え説明。NTTデータ先端技術の村文夫氏はデータセンターの最新動向などを、日本設計の引地順氏は予想されるJIS規格適用の雷保護設備を解説した。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン