[ 建設・住宅・生活 ]

大成建設、山岳トンネルの削孔支援機能を開発 余分な掘削を大幅減

(2017/5/19 05:00)

大成建設は山岳トンネル工事の発破掘削で、現場状況に最適な削孔パターンを設定できる削孔支援機能を開発した。掘削機械のドリルジャンボ(写真)に搭載して用いる。削孔支援機能がない場合と比べ、設計断面より余分に掘削する割合を大幅に低減できる。今後山岳トンネル工事に導入し、生産性向上につなげる。

大成建設が開発した削孔支援機能は、掘削する現場の目視情報と測量機器による断面計測の結果から、図面化と定量化を行う。その情報を基に削孔パターンを見直して施工する。一連のサイクルを繰り返すことにより削孔パターンを調整でき、余分に掘削する割合を低減する。

同社は削孔支援機能を搭載したドリルジャンボを、新名神高速道路竜王山トンネル工事(大阪府茨木市)に試験導入した。従来と比べ、設計断面より余分に掘削する割合を約50%低減した。

掘削作業の効率化やコスト削減などに寄与すると見ている。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

建設・住宅・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン