[ 科学技術・大学 ]

発掘!イグ・ノーベル賞(18)九州大学−ハエの腸内フローラ、壊すと寿命半減

(2017/5/22 05:00)

  • ショウジョウバエ(九大提供)

腸内細菌のバランスである「腸内フローラ」。「善玉菌」と「悪玉菌」、そして「日和見菌」のバランスが大事だとされており、これが崩れると、細菌たちが生存競争のために毒性物質を放出するなど、下痢や便秘が起きやすくなるなど、体調に影響する。

九州大学の川畑俊一郎主幹教授らは、遺伝子操作によって「ショウジョウバエ」の腸内免疫力を低下させ腸内フローラのバランスを意図的に崩す実験をしてみた。このときハエの腸内で増えた菌を健常な別のハエに経口摂取で感染させてみると、「2カ月の寿命が約1カ月に半減した」と驚く。生命維持に重要な菌が減ったためとみられる。ハエは汚く、雑菌に強そうなイメージが覆された。「ハエの研究はほ乳類やヒトにも応用できる」という。ハエのおかげで人間のおなかの調子が整うかもしれない。

(2017/5/22 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン