[ 商社・流通・サービス ]

JR東海、「N700S」デザイン発表 全席にコンセント設置

(2017/6/29 05:00)

  • 柘植社長とN700Sの模型

JR東海は28日、2021年3月期に営業投入を予定する東海道新幹線の次期車両「N700S」のデザインを発表した。先頭車両前面は左右両サイドにエッジを立てた形状として、走行風を整流する効果により環境性能向上を狙う。また前照灯を拡大して照射範囲を広げ、新幹線で初めて発光ダイオード(LED)を採用した。

普通車座席は背もたれと座面が連動して傾くリクライニング機構を採用するほか、全席にコンセントを設置する。グリーン車座席は、くるぶしを回転中心としたリクライニング機構として、長時間の快適性を高めた。

同日会見した柘植康英社長は「現在考えられる機能として、最高のものができた」と説明した。現在製造中の確認試験車は18年3月に完成する予定だ。

(2017/6/29 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる