INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

九大、GPS障害の一因解明−「大気重力波」ESA衛星で観測

(2017/7/14 05:00)

  • ESAの人工衛星「ゴーチェ」(ESA提供)

九州大学大学院理学研究院のリュウ・フイシン准教授らの国際研究グループは、全地球測位システム(GPS)通信の障害の仕組みの一因を明らかにした。水面の波と同じように地球の重力で作られ大気中を伝わる「大気重力波」が、高度100キロメートル以上の電離圏で不規則なプラズマの構造を作り出し、通信障害を引き起こす可能性を示した。宇宙の現象が通信などに悪影響を与える「宇宙天気」の予報精度の向上が期待される。

プラズマ密度の小さい領域が泡のように発生する現象「プラズマバブル」が電離圏で発生し、GPS通信に悪影響を与えることが知られている。

欧州宇宙機関(ESA)の地球重力場観測衛星「ゴーチェ」を利用し、電離圏で波長150キロ―620キロメートルの大気重力波を観測。大気重力波が活発な地域ではプラズマバブルの発生頻度が多く、プラズマバブルの発生源が大気重力波である可能性が高いことを示した。

熱帯の対流から大気中で大気重力波が発生し、上空100キロメートル付近に飛行。そこで新しい大気重力波を生み出して、その大気重力波が上空250キロメートルへ飛び反応を起こしてプラズマバブルを発生させている可能性を示した。

研究成果は米科学誌ジオフィジックス・リサーチ・レターズ電子版に掲載された。

(2017/7/14 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

おもしろサイエンス 
温泉の科学

おもしろサイエンス 温泉の科学

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

大人が読みたいアインシュタインの話
エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

大人が読みたいアインシュタインの話 エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水道管の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水道管の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン