科学技術・大学 ニュース

(2017/7/16 17:30)

【電子版】九州豪雨/地すべり学会が現地調査、異常な大雨で斜面崩壊-保水機能の限界超える

日本地すべり学会(落合博貴会長)は16日、大分県日田市で記者会見し、九州北部を襲った豪雨で起きた土砂崩れの特徴について、現地調査の結果を発表した。短時間で狭い範囲に300~500ミリを超える異常な大雨が集中した結果、森林の保水機能の限界を超え、斜面が崩壊したとしている。 調査は...

九大、GPS障害の一因解明−「大気重力波」ESA衛星で観測

九州大学大学院理学研究院のリュウ・フイシン准教授らの国際研究グループは、全地球測位システム(GPS)通信の障害の仕組みの一因を明らかにした。水面の波と同じように...

続きを読む

NASA、木星の「大赤斑」を上空9000kmからの撮影に成功

木星表面に浮かぶ巨大な赤い円形模様「大赤斑」を、観測史上最も近距離となる上空9000キロメートルから撮影することに米航空宇宙局(NASA)が成功した。木星探査機...

続きを読む

静止気象衛星「ひまわり」、初号機から40年-高性能化一段と

■積乱雲、分解能細かく 落雷予測精度向上 静止気象衛星「ひまわり」初号機の打ち上げから、14日で40年がたつ。ひまわりの進化は気象現象の高精度な観測を実現して...

続きを読む

超小型衛星が拓く・宇宙開発(21)金沢大−重力波の発生源を探索

2015年、時間と空間の歪みが波のように伝わる現象「重力波」が米重力波望遠鏡「LIGO」(ライゴ)で初めて検出され、「ノーベル賞の受賞は確実」と言われるほど大き...

続きを読む

名古屋大学、生存率高い細胞を抽出

名古屋大学は工学研究科の新井史人教授らは流体制御技術を用い、世界最速レベルかつ、高い生存率の細胞を抽出する技術を開発した。微量の溶液の分離などに用いるマイクロ流...

続きを読む

気象協会、モルドバとひょう対策共同研究

日本気象協会は13日、東欧のモルドバの農業食品産業省降ひょう対策局(AHS)と共同研究を始めたと発表した。協会が持つ気象観測・予測技術とAHSの経験を掛け合わせ...

続きを読む

科学技術・大学ニュースの記事一覧(日別)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる