[ 機械 ]

住友建機、ICT建機参入 9月に新型機 油圧ショベル性能も重視

(2017/7/26 05:00)

  • 9月に発売する新型機「SH200―7」

住友建機(東京都品川区、下村真司社長、03・6737・2600)は25日、情報通信技術(ICT)を活用する建設機械に参入すると発表した。油圧ショベルの標準機に、操作のガイダンス機能や自動制御機能を追加(アップグレード)できるようにする。掘り過ぎなどを防ぎ、施工品質や作業効率を高められる。工事現場で見込まれるICT需要を取り込む。

住友建機が9月に発売する新型機「SH200―7」に、2次元(2D)や3Dデータに基づく両機能をオプションで提供する。コスト面がネックになる可能性を踏まえ、段階的なICT化に対応する。

下村社長は「単なるマシンコントロール(自動制御)ではなく、油圧ショベルそのものの性能も重視する」と述べた。新型のエンジンと油圧システムを搭載し、現行機に比べて燃費を15%低減。価格はSH200―7が2330万円(消費税抜き)。

住友建機はグループ会社が愛知県刈谷市内に設けている教習センターに、ICT建機に試乗できる「ICT研修センター」を年内に開設することも発表した。3Dによる自動制御機能を利用した掘削やのり面整形、盛り土などを体験できる。併せてICT建機や施工に関連する情報を扱う専門組織を社内に設けて、工事関係者の要望に対応する。

現場では人手不足が拡大しており、国土交通省が工事全般にICTを活用する方針「アイ・コンストラクション」を示している。そのため経験が浅い作業者の施工品質を高められるICT建機の普及が進む見込みだ。

(2017/7/26 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる