[ 中小・ベンチャー ]

【電子版】スペースX、未公開企業の評価額で全米4位に-約2兆3500億円

(2017/7/28 16:30)

  • スペースXは3月、再利用ロケットの打ち上げに初めて成功(同社提供)

米テスラのイーロン・マスクCEOが設立した宇宙ベンチャーの米スペースXが、株式未公開企業の評価額で全米4位になった。未公開テクノロジー企業の株式市場を運営する米エクイデイトによれば、スペースXが7月に実施した3億5100万ドルの資金調達(シリーズH)の後、企業価値がそれまでの149億ドルから212億ドル(約2兆3500億円)に上昇。2兆円の大台を突破した。

3月にスマートフォン向け写真共有アプリのスナップチャットを手がけるスナップがIPO(新規株式公開)して以降、スペースXは5位につけていたが、それまで4位だったウィワークの評価額を今回上回った。ニューヨークタイムズによれば、スナップは上場前の企業価値が240億ドルだったが、IPO後の現在は165億ドル程度に下落している。

評価額が10億ドル超の株式未公開企業はめったに見られないことから「ユニコーン」といわれ、米国以外でも、配車サービス大手でウーバーの中国事業を買収した滴滴出行(ディディチューシン)や、スマートフォンなど一般消費者向け電子機器の小米科技(シャオミ)といった大型企業がある。米CBインサイツによれば、それぞれの評価額は500億ドルおよび460億ドルとされる。

米国での未公開企業の評価額の順位は次の通り。①ウーバー(配車サービス、698億ドル)②エアビーアンドビー(宿泊シェアリング、310億ドル)③パランティア・テクノロジーズ(ビッグデータ解析、213億ドル)④スペースX(宇宙機・打ち上げサービス、212億ドル)⑤ウィワーク(起業家向けコワーキングスペース、208億ドル)。

(2017/7/28 16:30)

関連リンク

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる